太陽熱温水器取外し・撤去・新規取り付け

太陽熱温水器取外し・撤去・新規取り付け

当社が行っている太陽熱温水器(ソーラー)の取り外し作業と新規取り付け作業について、ご説明いたします。「故障して以来、太陽熱温水器使っていない・・・」という方は早急にご対応ください。そのままにしておくと落下の原因となります。また当社では、太陽熱温水器(ソーラー)を新規でお取り付けいただいたお客様に対し、独自の「2年間落下保証書」をお渡しするなど、アフターフォローに努めております。

太陽熱温水器(ソーラー)の取り外し・撤去

太陽熱温水器(ソーラー)の取り外しについてご説明いたします。
以下の件に当てはまる方は、早急に対応が必要です。
・太陽熱温水器(ソーラー)が水漏れを起こして以降、修理せず、現在は使用していない。
・引越してきた家にもともと太陽熱温水器(ソーラー)が設置されていたが、現在は使用していない。
・太陽熱温水器(ソーラー)を取り外したいが、廃棄方法がわからない。
 などでお困りの方、当社にご相談ください。
故障により使用していない太陽熱温水器(ソーラー)は、貯水されていないため、本体の重力が軽くなり風の影響をうけやすく、落下の危険性が高まります。早急に取り外すことをおすすめします。
取り外し・撤去工事の流れ
太陽熱温水器(ソーラー)の取り外し・撤去工事の手順は以下の通りです。
  1. 既存の太陽熱温水器(ソーラー)本体外し。
  2. 本体固定用ワイヤー・ボルト類の取り外し処理。
  3. 太陽熱温水器(ソーラー)用の給水・給水ホースの取り外し。
  4. 給湯器との接続配管のつなぎ替え処理。
  5. 屋根面の清掃(太陽熱温水器(ソーラー)のサビ・ほこりなどが屋根面に付着・蓄積しています。)。
  6. 配管つなぎ替え後の給湯器の作動確認。
  7. 取り外した太陽熱温水器(ソーラー)を社内に持ち帰った後、本体廃棄。

太陽熱温水器(ソーラー)の新規取り付け

こちらでは、太陽熱温水器(ソーラー)の新規取り付け・取替作業についてご紹介します。当社のモットーは「安全第一」。新規取り付け時には、独自の「2年間落下保証書」もお渡ししています。
太陽熱温水器(ソーラー)取替作業の流れ
太陽熱温水器(ソーラー)の取替工事を行う際は、必ず設置場所の再確認を行い安全を十分確認したうえで作業を進めていきます。

 

■施工前

既存の太陽熱温水器(ソーラー)を撤去

 

 

■新規タンクの取り付け

■右集熱板の取り付け

 

 

■左集熱板の取り付け

■施工後

 

当社独自保証
当社では太陽熱温水器(ソーラー)の新規取り付け工事時、各メーカーごとの商品保証書以外に、独自の「2年間の落下保証書」をお渡しいたします。詳細は当社までお問い合わせください。
ページトップへ